炎のメモリアル

炎のメモリアル (2004)

「炎のメモリアル」は、2004年に公開された映画です。日本でも認知度が高く、2001年に公開された映画の「ソードフィッシュ」で主演を演じたジョン・トラボルタがキャストとして登場することから、注目されました。
この映画の特徴として、アメリカで発生した同時多発テロの際に活躍をした消防士、その救助活動中に命を落としてしまった消防士への鎮魂映画になっています。

炎のメモリアルでは、消防士の救助活動にスポットを当てているだけではなく、消防士自身の人柄や人間関係といった物にも注目されているので、私達が持つ消防士のイメージと、消防士が私達と同じ人間であり、その職務に対して責任を持ち、救助のプロフェッショナルだということが、炎のメモリアルを通してよく知ることができます。

ヒューマン・ドラマを題材にした映画の魅力

映画というと、SPなどで派手なアクションや現実ではありえない超常現象、または未来や宇宙といった題材で、私たちに夢を見せてくれます。

一方でSPやアクションなど派手さはありませんが、映画の中で、現実に近い人間関係を表現したものが、ヒューマン・ドラマを題材にした映画です。

ヒューマン・ドラマのなかには、恋愛や仕事に関係するものが多く、その中でも特殊な仕事に従事している人達が、普段はどんな生活を送っているのか、仕事仲間とどのような人間関係を構築しているのかなど、人の一生や半生から普段は見ることができない特殊な仕事の裏側にスポットを当てた作品が多くあります。

炎のメモリアルもそうした特殊な仕事に従事する消防士に関して、登場する消防士の半生をみていくストーリーです。

この炎のメモリアル以外にも、消防士を題材にした映画はあります。ヒューマン・ドラマでは、消防士以外にも、弁護士や警察、麻薬捜査官や特殊部隊の隊員、政治家や小説家など、様々な職業の人のストーリーを見ることができるので、ヒューマン・ドラマの中でもアクション寄りの作品など、ジャンルを超えて映画を楽しむことができるのも魅力のひとつです。

日本と海外の消防士の違い

炎のメモリアルでは、消防士にスポットをあてています。
日本にもとうぜん消防士はいます。そこで気になるのが、海外(アメリカ)の消防士と日本の消防士では何が違うのか?というのが気になったと思います。

まずは、消防士がどんな仕事をしているか、そこをはっきりさせておきましょう。
消防士の仕事は、火事などが発生した場合の消火活動を行います。また、事故などで怪我をした、病気で身体を動かすことができないときなど、救急車で出動し救急活動を行います。
大きな災害が発生した場合、または山や海で人が遭難した場合など、人命救助のため、救助活動を行います。

救急活動は、救急救命士の資格を持つ人でないと、救急活動ができませんが、主にこの3つが消防士の仕事になります。

他にも防災、消化施設・備品の管理など仕事の内容は多岐にあります。

日本の消防士も、アメリカの消防士も仕事の内容に大きな違いというのは無いそうです。
ただし、日本の消防士よりも、アメリカの消防士のほうが、国民に人気が高いという違いはあるようです。

アメリカの場合、消防士というだけで、エリートとして見られたり、社会的な信用度は高いといいます。
日本の消防士も公務員ですから、社会的な信用度は高いと思いますし、エリートというのも間違いではありません。

ですが、国が違うだけで、国民から見られる姿というのは若干の違いがあるようです。
炎のメモリアルでは、日本の消防士とアメリカの消防士の違いについても知ることができるので、そうした意味で楽しむことができる映画でもあります。